Home > 3月, 2006

2006年03月31日のひとりごと。

休日

20060331_oozakura.jpg 2月3月、頑張って有休使いましたが、ここまで。2日残して今年度終了です。今日は朝から洗濯、車検証受け取り、ソアラのタイヤ入れ替え、スーツケースの引き取りと動き回って、14時半頃にようやくお昼にありつけました。せっかく近くまで行ってるんやから、味が落ちたとは言え、心の味『大桜』。

前回行ったときは、本当に水っぽくなって味が落ちてたんですが、なかなかどうして、今日は戻ってるような気がしました。というのも作り手が昔からのオッチャンに戻ってたのも原因かも。それじゃ、今から晩御飯にカレーを作ります〜。

ツイートツイート

2006年03月30日のひとりごと。

お引っ越し

今日は昼から新横へ出社。新横への出社は最後になりますね。丸々4年、入社したときはずっと新横と思ってましたが、あっけないモンです。移籍のためにオフィスの引っ越しをするんで、デスクの荷物を梱包、夕方から壮行会やっておしまい、ってスケジュール。と言っても、今は出先なもんで、自分のデスクに荷物もあんまり無し、ノンビリな感じです。

ツイートツイート

2006年03月29日のひとりごと。

日々作業

今日の作業で今年度のお仕事はオシマイ。来週からは新しい会社の社員となっています。といっても、同じGr会社に移籍するだけで、来週からも同じ作業。なんで何も変わらないんですけどね(^^;)。

ツイートツイート

2006年03月28日のひとりごと。

スーツケース

ハンズからTELあり。スーツケース(トリオのカーゴ、ガンメタ)が入ったとのこと。う〜ん連絡がちゃんとしてるってのは気持ちいいねぇ。金曜か土曜にでも取りに行こう(^^)。

ツイートツイート

やっぱ牛乳でしょ?

北海道で生乳1千トン廃棄…生産過剰・消費減で
最近、牛乳が過剰だとニュースで見かけましたが、本当のようですねぇ。なんででしょ?

我が家はといえば、夫婦ともども子供のころから牛乳大好き。そりゃ一番初めは親に飲まされたのかもしれませんが、大人になった今でも2人で1リットルパックを週4本はコンスタントに消費しています。まぁ、高校ぐらいから友人にこういう話をすると「この年になっても牛乳をそんなに飲むなんて信じられん」とよく言われました。奥さんに至っては、あの雪印事件で見事にヒット。犠牲者になったにも関わらず飲み続けてます。実際世の中のご家庭ではどうなんでしょう。

というわけで、上記のニュースなんて我が家からしてみれば『もったいない』以外の何モノでもないわけで。わたくしなんかニュース見ながら「ウチまでパイプライン引いて、蛇口ひねれば牛乳出るようにしてくれたらいいのに…」なんて本気で言ってしまいました。

なんで消費が減ったんでしょうね?値段が高いから?それほど美味しくない?確かに一時期は「牛乳は1リットル150円やのに、ジュースなら100円なんかぁ」と思ったときもありましたが、結局のところ買い物に行けば毎週買ってます。なんというか飲めば落ち着くんですよね。

太るから?低脂肪にすれば、それほど影響ないと思いますけどねぇ。それよりアメやガム、ジュースの方がよっぽど太りますし。結局のところ、これといって理由があるわけでもなく、『食生活の多様化』と言ってしまえばそれまでなのかも。思い切って値段下げてもらうと、ウチとしてはありがたいんですけど、腐りやすいし管理コストとか考えるとこれが限界なんかもね。

ツイートツイート

今回の車検まとめ

今回、ソアラの車検で引っかかったところは2点。

まず1点目は前輪のホイールがホンのちょっとだけサイズオーバー。
こちらは『純正ホイール+スタッドレス』でクリアできました。というか、前回の車検ではOKだったものが今回はホンのちょっとだけ出てるということでアウトなんてやりきれない思いでいっぱいでしたが、スタッドレスは欲しかったので調度良い機会と割り切りました(そのスタッドレス購入でまた手間取ったわけですがこれは置いておいて…)。

2点目はヘッドライト。
これはもう30系ソアラの宿命とも言えるモノですね。もともとヘッドライトが暗いのに、さらに樹脂製のレンズが経年劣化による黄ばみで光量低下するというもの。購入したときから暗さが気になってたのでHIDに変えてましたが、これも前回はクリアできてたものが今回引っかかりました。結局HID→純正に変更することで光軸調整を乗り切りましたが(HIDはプロジェクションタイプのヘッドライトで光軸調整できにくい)、数値上では純正で乗り切れても、やっぱり人目だとHIDの方が見やすいです。

というわけで、目下の安全走行課題はヘッドライトなわけですが、レンズのクリア加工はどうやらまともにやっちゃうと車検不適合となるらしいんで、30系後期のヘッドライトユニットを手に入れて換装するつもりでいます。でも、トヨタの話じゃ新品両方で3〜4万円なんて聞きましたが、自分ではどう調べても片方で36,000円…。

また文句になっちゃんですけど、確認せずにアバウトで回答されるとこっちもその価格で期待しちゃうから、違ったときに余計にイラッとするんですよねぇ。「すぐにわからないんで調べて、いついつまでにご連絡します。」で、そのいついつまでに連絡すれば良い話なのに、なんでその場で適当っぽいこと言っちゃうんでしょうかね。

実際の話、製造から10年経ってるし、あと5年は乗るつもりなんで高いけどここらで変えておいても良いかなと思ってます。それにしても、今までほとんどお金がかからなかった良い子だったのに、今回の車検でかなりバブリーに使わせてくれてます。年月というのは恐ろしいものです。これが人(わたくし)だったら「あっちが痛い〜、こっちが悪い〜」なんて言い出すから、まだ大人しく走ってくれるだけ全然良いですかね。

ツイートツイート

2006年03月26日のひとりごと。

最高の顧客対応とその反対

この週末(というか昨日)は、最高の顧客対応とその逆を一日で体験しました。

最高の顧客対応は『東急ハンズ 町田店』。一昨年の新婚旅行で最終日にスーツケースをホテルのポーターの不注意によって亀裂を入れられてしまったんですが、それをその年の10月末に修理を出しました。ですが、そのころスーツケースのメーカーであるトリオの工場自体が台風による水害で浸水してしまい、一時様子見となりました。その後、連絡があったものの同型のモノはモデルが終了してしまい、水害によって補修部品も無く修理できないとのことでした。

壊れた時点で、購入後の保証期間は当然過ぎていましたが、幸いトリオの好意によって「同型の一回り小さいモデルを特別価格でどうですか?」という話もあり、その旨で了承しました。ところがいざハンズでカタログを見て注文したものの、結局これもお気に入りだったガンメタが無くシルバーで妥協となり、しかも特徴的かつ防犯性の高かった回転バックルではなく普通のバックルのモデルになるとのことでした。

ここまでのお話で最初にハンズに行ってから半年経過していました。その後、入荷したという連絡があったんですが、やっぱり本当に欲しいものとは違い、しかも引っ越しやその他めんどくさい感情もあり、引き取らず約1年も経過させてしまってました(´。`)。普通に考えて(わたくしが店員だったら)、「もう、この客は取りに来ないだろう」と思うでしょう。わたくしも、もうそういう風に思われているだろうと考えていました。

最近、「今年は海外2回は行こう」ということになり、まずはGWに『ハワイ』に行くことに決定しました。となると当然『スーツケース』が頭に思い浮かぶわけで、とは言っても今さらイケシャーシャーとハンズに赴くことも出来ず、新しいのを買おうと思ってました。

ところが、土曜日の朝携帯の留守電に「東急ハンズ町田店ですけど、またお電話させていただきます。」と入ってました。「小言言われるやろうなー」と思いつつ、電話してみると「スーツケースをお取り置きしてますけど、いかがなさいますか?」とのこと。「一回り小さいサイズやしなぁ〜」と思っていると電話口の向こうから「同じ型のガンメタをご用意できたとご連絡させていただいたという話でしたが・・・」

「・・・ん?」。「同じ型?、ガンメタ?」「はい。」「・・・明日取りに伺います。」とのことでしたが、車が戻ってきたので昨日取りに行ってきました。が、いざハンズに着いてみると用意して貰ってたスーツケースは・・・”黒”。ここでしばらく悩みました。これだけやってくれれば、客としては本望。ガンメタが黒に変わってようとも、些細な問題でしょう。しかもバックルも回転バックルやし。お店の人のことを考えるとこのまま素直に持って帰るべきじゃないだろうかと。

でも、ここまでくりゃダメ元です。「黒ですねぇ〜、今朝の話ではガンメタだってことで来たんですけど。」「すいません、ニューモデルはガンメタが無いみたいで・・・。」「今朝、メーカーのHP見たらニューモデルにガンメタがあったんですけど、それと交換できませんか?」「え?ガンメタがある?ちょっと待ってくださいね、確認してみます」

・・・ということで、めでたく来週ぐらいにはトリオのカーゴ、ガンメタをしかもニューモデルになって手に入れることができます(^-^)。いや、ホント期待してなかった。ハンズが用意できたスーツケースが、黒であろうともシルバーであろうとも、こっちの一年放置という対応のマズさを考えるとこちらが100%悪いわけですけど、ここまでしてくれるとは・・・。最後は、こちらが「無理ばかり言って申し訳ないです。」と深々頭下げまくって引き上げてきました。長い話でしたね。

その反対の対応は、具体的な店名は書きませんがトヨタ。「マニュアル以外の対応できんねやったら、顧客担当なんかやめてまえ!」・・・と言いませんでしたが、思いました。言わなかったのは、今年で30になるからかな。最近ガマンするようになった方よ、5年前なら確実に切れてた。とりあえず態度ではそれなりに示しましたがね。

ツイートツイート

2006年03月25日のひとりごと。

車検終了

ようやく車検終了。中古で購入してから2回目の車検。2点ばかりですが問題があったせいでいろいろ要らぬ労力を裂くことになり、ちょっと疲れました(–;)。足かけ1ヶ月ですか。H6年式ですから、10年目。ちょっとパーツを変更するとアッチがコーだコッチがアーだと、通常の車の運行や1年点検程度では支障ないように見えても、検査上の数値をクリアするのが難しくなる項目も出てきたり。しかも輩な車が増えたせいで、年々車検制度が厳しくなってきてるようで、前回クリアできてた項目も今回あらためてチェックすると数値ギリギリとか…。とりあえず、諸事情により『BBS』から『純正ホイール+スタッドレス』に履き替えさせられたソアラ様を引き取ってきますか。

ツイートツイート

2006年03月24日のひとりごと。

Leopard to include VMWare-like virtualisation software?

APPLE LINKAGEさん経由、噂レベルですが、macowXrumorsによると、Appleが次期Mac OS X Leopardにコードネーム『Chameleon』というVMWareライクな仮想化ソフトウェアの追加を考えて開発を進めているらしいです。これによりユーザがIntel Mac上でMac OS X、Linux、Windowsの仮想マシンを作成・動作させることができるということらしいんですが、この情報ちょっと注意してチェックしたいですね。

ツイートツイート

Apple’s Eye

よくまとまってます、一読の価値ありですね ⇒ No.161 —アップルの 30 年を、3 つのスコープで振り返る。

ツイートツイート

Older posts »