2021年11月07日のひとりごと。

M1 Mac + Logicoolマウス

New MBP

Bluetoothマウスのスリップは、たぶんLogicool側の問題ですね。

スリップと表現してますが、どちらかというと加速が効いてない感じ。狙ったところに微妙に届かない。twitter界隈でも探すとチラホラ出てるようです。まずLogicoolのユーティリティ OptionsがM1 Mac非対応。一応、Options plusってのがベータ版でリリースされてますが、それでも対応が一部最新の高級マウスに限られてます(今使ってるM720は非対応)。あと、細かい操作感のこと言わなければ、今のM1 Mac非対応のOptionsもRosettaで動いてくれるので使えます。単体運用で備え付けのトラックパッドで使ってるときは、まったく違和感なく使えるんですけどね。

スリープ復帰時のデュアルディスプレイ再接続の問題もあるし、今、我慢までして使わなくてもいいかなって思いを強くしてます。数週間のうちに、M1対応 Options plusでM720マウスも対応してくれたら再検証しようかな程度。それまでに銀座に訪問する予定があれば返品してきます。


ツイートツイート

2021年11月05日のひとりごと。

M1Pro MacBook Pro 14″、周辺機器接続が不安定…

New MBP

非常に悩ましいけど、このままじゃ返品かなぁ。


Bluetooth接続したマウス操作がスリップします。メチャクチャ手首が疲れて腱鞘炎になりそう。最初、気のせいかと思って環境残してるIntel MacBookPro 15″で操作してみたら、やっぱりそんなこと無い。四六時中使うので、狙ったところに操作できないというのは、小さなストレスがチリのようで山のように積もってしまう。

あと、スリープからの復帰時に CalDigit TS3 Plusで接続された4kディスプレイ×2枚が1枚だけ寝てたままだったり、解像度がおかしかったり。おまけに操作を全く受け付けず、わざわざクラムシェルモードをやめるために蓋を開閉する必要が時々あります。こんなのも IntelMacではなかった。


何も繋げない単体運用なら多分不満でないと思います。今まで閲覧してただけでファンが回ってたようなサイトでも、全く無音だしBody自体も冷たいまま。可能性は感じますし、性能的には申し分ないと思いますが、まだそこまでの性能が必要ないので、日常のストレスを避けるほうが優先度が高い。


ギャーギャー言うつもりもなく、OSのUpdateで解決するかもしれない程度と思ってます。でも、512GBと1TBで悩んでたし、今、我慢して使い続けるより、一旦返品したほうが個人的には幸せになれるかも・・・って、今日のところの考えです。残念だなぁ。
ツイートツイート

2021年11月04日のひとりごと。

M1Pro MacBook Pro 14 Silver USキー

New MBP

約4年ぶりに買い替えました…。


別に MBP 15″が故障したわけではないですが、長らく使ってるし、転ばぬ先の杖的な買い替えです。

Onlineだと納期は12月だし、一応銀座に行ってみるかと寄ってみると、14インチは最安構成のメモリ16GB、ストレージ512GB、おまけに欲しかったUSキー&シルバーのモデルが1台だけ残ってました。

ホントは1TBも視野に入れてたけど、背伸びの選択肢が無かったことがかえって良かったかも。使用後でも気に入らなかったら、クリスマスシーズンってことで1/20まで返品可能だそうです。


今まで使ってた MBP 15″はコロナ禍以降 4kディスプレイを2枚外付けで接続してクラムシェル運用してたので、デュアル出力できるMBPを待ってました。もはやM1でもパワーは十分だけど、ディスプレイの件だけでM1Proしか選択肢が無かった(正確に言うとM1 Mac miniでも良かったけど、帰省時やいざとなったら持ち運べる利点と、UPS内蔵的な安心感だけでノート型を選択)。


このまま行くと、次の買い替えはパリオリンピック後かな 🙂

ツイートツイート

2020年12月31日のひとりごと。

2020年に買ったもの、良かったもの

あいかわらずサボりブログですが、今年はいろいろ大変だった年ということで記録に残すために記事を書きます。大変だったというのはあまり詳しく書く必要も無いですが、家族のみんなが健康であっての日常だということを、今年は痛感しました。


逆に、昨今の世の中的なコロナ事情でテレワークという働き方がデフォルトになったおかげで、個人としては家のことがいろいろできて助かりました。GW辺りから半年ぐらい出社せずテレワークしてても当たり前だったし、最近もどうしてもという事情がない限りは出社せずにリモートですべてまかってます。そういう働き方が日本的な企業においても認められたということで、世間には申し訳ないですが感謝しています。そんなワケで2020年はあまり惜しまず、2021年に向けて前向きに行きましょう。

では買って良かったもの5選(使用時間が長かった順です)。





オカムラ バロンチェア

B0107E2HV8

実は東京2020オリンピックに向けたテレワーク環境整備&自分への早めの誕生日プレゼントとして2019年秋に買ったものですが、今年1番活躍したと言っても過言ではないです。いろいろ熟考した結果、選んで良かった1品です。価格帯的においそれと買えないものですが、キーボードとイスは少々高くても日常の使用時間が長くコスパが良いのと、早めに購入しておいて正解でした。




東プレ Realforce 91U(初期型)

B000EQHU62

会社では 91UDK-Gを使っていたのですが、持ち帰ろうか悩んでると自宅にも Realforceが生えてきました。あら不思議。

白にしたのは自宅デスクの配色に合わせただけです(デスクと言ってもIKEAのリンモンです)。新モデルR2の打鍵感もあまりなじまず、結局、これ買ってダメならUDK-Gをもう1台買おうと思ってましたが、それなりに馴染んだので結果オーライです。

他のキーボードも考えましたが、独立した逆T字カーソルキーと上部のFunctionキーが無いと使えないヨワヨワ勢のため、Realforce一択です。ちなみに”ハッピーハッキングキーボード”って、最近は”エイチエイチケービー”って呼ぶんですね。”ハッピーハッキング”で良いんじゃないですかね?知らんけど。




LG 4Kディスプレイ 24UD58-B

B01L8H204W

これ2枚買いました。大事なことなので2回言いますが、2枚買いました。
テレワーク用にWindowsのノートPCを会社から持ち帰り、拡張モニタのために1枚買ってみて、結局、同じディスプレイを2枚使ったデュアルディスプレイという環境が仕事効率アップのために必要と考えた結果です。

この辺りからMacBook Pro(あいかわらず15inch)もクラムシェルモードで運用し始めました。Macとの親和性という点では、Retina(相当のPPIの)ディスプレイでないと満足感が得られない身体になってしまったので、そういう意味でも良かった。

あと何より、現状もっとも財布に優しい4Kディスプレイではないかと思ってます。隙あらば、もう1枚買ってトリプルモニターで運用したい。ただ、M1 Macはマルチディスプレイ辺りがあやしいので、しばらく待ちです。


CalDigit TS3 Plus

B07GWDK66G

MacBook Proでデュアルディスプレイにするという点で活用しています。あまり抜き差ししない据えMacBook Proのため要らないかと思いましたが、ブラブラといろんなケーブルを付けるのもアレだし、SDカードも挿さるので買ってよかった。

ただ、夏頃にAppleStoreで買ったときは今よりだいぶ安かった気がします。在庫なしで3週間とかになってたので「気持ちの高ぶりが治まればキャンセルしよう」と考えてたら、3日ぐらいで発送されてビビりました。店頭在庫を調べて発送してくれたのかな。




中華製の安いデュアルモニタースタンド

B07FLXCCC3

都合、エルゴトロンのLXアームを長短含めて2本買いましたが、結局このモニタースタンドに軍配が上がりました(個人の感想です)。LXアームはしょっちゅう動かしたい人には良いですが、動かさない人には取り回しの良さなんて関係ありませんでした。こいつを部屋の出窓部分に置く(窓が遮られて暗くはなりますが)という特殊な使い方をしています。逆にモニターからの距離が稼げて机の長さ(幅?)も短めで済むほうが自分にはメリット大でした。




結局、カメラ関係は(レンズも)買ってませんし、写真もほとんど撮ってません。すべてに於いて好奇心で動いてる自分にとっては、そういう精神状態ではなかった。Apple製品もMagicTrackPadをクラムシェルモードで必要だろうと買ったのみです。買い替え・買い増しは無し。そういう意味で 2021年は好奇心で動けるような精神状況を作り出すため、まず家族が全員健康であらねば(あって欲しい)と強く願わずにはいられません。




それでは、良いお年を。



ツイートツイート

2020年11月22日のひとりごと。

Silicon mac

New Mac
過去記事によると、2017年にMacBook Proを買い替えたのか…


テレワークの影響で、MacBook Pro 15″も結局4kデュアルディスプレイの環境に接続して使ってます。そうすると、今のMacBook Pro 13″は買えないのか。早くM1チップを複数載せたMacBook Pro 16″作ってくれないかな。最安構成でも4年前のMacBook Pro 15″よりはるかに快適そう 🙂


ツイートツイート

2019年01月03日のひとりごと。

2018年に買ったもの、良かったもの

NagashimaSpaland
サボりBlogですが、正月なので NHKで平成ネット史を見ながら、昨年買ったもの、良かったものをまとめました。




4月:Apple iPhone X 不思議な端末です。使い始めから違和感がほとんど無く、水のように馴染みました。

iPhone X 256GB SIMフリー スペースグレイ
Apple Computer
売り上げランキング: 121,936




4月:Nokia Sleep すでに記事化してるので割愛。





5月:Tamron 28-75mm F/2.8 Di III RXD 2017年に買ったSony α7RM3用に。幸い、予約開始された瞬間にポチッとしたので、品不足に巻き込まれることはありませんでした。家の中や曇天時にも使える優等生。ただし、間違いない分、撮っててそんなに楽しいレンズではない。





6月:Amazon Echo dot 第2世代 ちょうど良い時期にキャンペーンでお得に購入。Siriより確実に認識しやすい。ただ、タイマー用途が主なのでもう少し頑張らせたい。リンク先は第3世代。





6月:Sony HVL-F20M サイズが小さいのでカバンにとりあえず入れておこうという気になる結構使える子。小型で定評のある Nissin i40も買いましたが、結局一般人は大きさ&重さ的に F20Mぐらいまで小さく軽くならないと持ち運ばず、ストロボは使わないと思います。低価格で定評のあるGodoxも同様で、機材を買って死蔵するぐらいならこれを買ったほうが全然良い。

SONY フラッシュ HVL-F20M
SONY フラッシュ HVL-F20M
posted with amazlet at 19.01.03
ソニー(SONY) (2013-05-31)
売り上げランキング: 116,863




7月:ANOVA Precision Cooker 「世界が変わる」も言い過ぎではないかもしれない機材。男の料理は家族に迷惑を掛ける系が多いと思いますが、これは家の誰もが幸せになる機材。後々、ANOVAだけで1記事書きたいと思いますが、とりあえず紹介のみ。リンクはAmazonですが、今買うなら ANOVA Nanoがおすすめ。買い方も本家から直輸入一択だと考えてます。





8月:Amazon Fire TV Stick 海外出張と家族旅行用に購入。Wi-Fi繋ぐだけでどこでも使える子。ただ、AppleTVに Amazon Prime Videoが来たので、自宅では使われず。
Fire TV Stick
Fire TV Stick
posted with amazlet at 19.01.03
Amazon (2017-04-06)
売り上げランキング: 1




9月:Bose QuietComfort 35 wireless headphones II 2018年は海外出張案件が複数あり、もし3度目が訪れたら買おうと思っていて、その3度目が来たために購入。QC35とほとんど性能違わないのに高いQC35IIにしたのはAlexa連携できると知ったから。Sony WH-1000XM3にしなかったのはその時まだ発売されてなかったから(発売されてても、軽いQC35IIを買ってた可能性が高い)。買って使ってみた感想は「各所での評価も高くて性能も間違いなく期待通りだけど、期待を越えるようなワクワクは無かった」。





11月:Sony ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS623 体調を崩すことが多く、体力づくりのために近場を30分ぐらいランニングすることを思い立ったので、気持ちが消えないうちに購入。ウォークマンは20年ぶりぐらいに買いました。機材としては悪くない。と言っても、iPhoneからBluetoothでしか繋ぐ使い方しかしてません。そして、走ったのは合計3回だけ。2019年は疲れない距離を回数こなして行こうと思います。




11月:Sony HVL-F60RM もっとANOVAで料理を作って撮りたくなったので購入。良いです、高いだけのことはあります。安い中華ストロボもありますが、個人的に安全性は純正品が抜きん出てると思います。

ソニー SONY 電波式ワイヤレス通信対応 フラッシュ HVL-F60RM
ソニー (2018-05-25)
売り上げランキング: 29,172




12月:Bang&Olufsen Beoplay H8i 先週、思い立って買いました。聞いた瞬間に QC35IIとは全然違う心地良さにビビりました。本当はブラックが欲しかったんですが、価格都合でナチュラル色です。QC35IIは手放すでしょう。また、そのうちナチュラル→ブラックの色変更のために買い換えると思います。





12月:FE 24mm F1.4 GM (SEL24F14GM) いちおう買ったのですが「入荷次第出荷」というステータスで年越し。もう1ヶ月立ちます。そのおかげで年末年始の写欲が下がりまくり。困るわけじゃないんですが、早く来てほしい。

SONY SEL24F14GM Eマウント交換レンズ FE 24mm F1.4 GM
ソニー(SONY)
売り上げランキング: 53,130
ツイートツイート

2018年04月21日のひとりごと。

Withings Auraへの想いを経て、Nokia Sleepを導入しました

Nokia Sleep
いや〜、感慨深い 🙂


数年に渡り Withings Auraを購入したいと思い続けてましたが、結局日本では発売されず。そのうち Withingsが買収され Nokia Healthとなり、なんだかな~と思ってたら 2月のCES2018で突如、新睡眠活動計として Sleepが発表されました。しかも発売が4月と意外に早かったり $99と安かったり。Auraの例もあるから期待せずに待ってたら、日本でもAmazon.co.jpが予約開始ってことで慌てて申し込み、(予約してたのに)発売日から約1週間遅れでようやく届きました! そして$99の製品なのに、日本だと14,990円と約1.5倍の価格になるのは正直不満ですよ。



Nokia Sleep
で、到着したブツですが iPhone Xとの大きさ比較はこんなもんです。意外と小さい?


Auraは眠りが浅いときに光で起こしてくれたりしましたが Sleepは純粋に計測のみ。ただ IFTTTと連携できるので、いろいろレシピで組合せられそう。安かったときに Amazon echo dot買っておけば良かったな〜と少し後悔。まぁ IoT機器はこれから一般普及期なので、折を見てうまく連携させられそうな機器を買いたいと思います。Sleep自体、初日に使った感触としては悪くないですね。ウチのベッドはマットレスをスノコ状の台に乗せるので計測できるか心配してましたが難なく無事に計測できました。1番苦戦したのが、今どき Wi-Fiが2.4GHz帯にしか対応していなくて、5GHz Onlyにしてたウチでは全然接続出来ずに焦ったことだったり(^^;)。



人に Auraへの想いを話したら「スマホで計測できるアプリあるよ!」とか「スマートウォッチで計測したら?」とか。ありがたい提案を受けたりしましたが、正直知ってるんですよ。調べずに言ってるワケじゃなく。でも伝わらない。分かってもらえないこの想い。ライフログ系って意識することなしにログってて欲しいんですよね。そのために何かするのはもう違うんですよね。この気持ちに共感できる人には、そこに応えてくれる Sleepはマジで買いです。









Withings Aura Smart Sleep System [並行輸入品]
Withings
売り上げランキング: 141,055
ツイートツイート

2018年04月17日のひとりごと。

“失敗の本質”を読んでみました

Essence of Failure
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)を読んでます。

その昔、上司の席にずっと置いてあり、いつか読もうと思ってたんですが、ついに読んでみました。ってか「どうしてもっと早く読まなかったのか?」というぐらい良い本ですね。これからも何回も読み直したいぐらい。



失敗の本質
失敗の本質
posted with amazlet at 18.04.17
ダイヤモンド社 (2013-08-02)
売り上げランキング: 924
とどのつまり、第2次世界大戦でどうして日本は負けるに至ったのかという考察なのですが、今においても全然変わってない日本人組織の(ダメな)特性が如実に言い表されています。著者自身も「結局、後付に他ならない」と断っていますが、なかなかどうして流石としか言いようが無い分析です。残念ながら、歴史背景や時事の順番、軍隊組織に対する知識の無さから理解が浅い部分もありますが、それを差し引いても読んだ甲斐がありそう。


常々、歴史の授業は半分は映画やTVで娯楽的に。もう半分はこういう考察に時間を割いた方が学びが多いと思っていましたが、この本1冊だけでもそういう授業に出来ないものかなぁと思ってしまいました。 ツイートツイート

2018年01月05日のひとりごと。

MarsEdit4とFlickrの連携でちょっとしたバグを踏んでしまいました

marsedit4-flickr
#MarsEdit #MarsEdit4 #flickr
MarsEditなら flickrとの連携がラクと聞いて、MacApp Storeから最新の MarsEdit4をダウンロードして使ってみました。が、MarsEditのどこをどう探しても flickr連携の場所が分からない。要は Top画像のように Media Managerの最右に Flickrのラベルが出てくるはずが出てこない状態になってました ;-(


Webで「MarsEdit」「flickr」「連携」とかググってみても、誰も苦労してる様子はなく。結局、何が原因だったかというと自分がMarsEdit初ダウンロードだったこと。Webで MarsEditのレビューを書いてる方は MarsEdit3の世代から使い続けてる方々ばかり。ということで、MarsEdit3.7を探してダウンロードしてみると flickr連携のラベルが出てきました。


MarsEdit3系で flickr連携のラベルが出たことを確認した後、最新の MarsEdit4をダウンロードしてみると、ようやく望んでた Top画像の状態が得られました。確かにこうやると flickr連携がかなりラクですね。良いかも。2週間のTrial期間中いろいろ使ってみて、お金を払うか考えたいと思います。 ツイートツイート

2017年12月22日のひとりごと。

PeakDesign Capture v3を買いました

capturev3_1
#peakdesign #capturev3
PeakDesign Capture Proも持っていたんですが、幅が20%減、重さが30%減と聞いて我慢できず買っちゃいました 😉



capturev3_2
プレートとのセットを買いました。リデザインを元Appleのエンジニアがやったとかで美しいし、着脱もメッチャスムーズになってます。しかし、ちょっと想定外の事態も。。。




capturev3_3
ドンドン画像が汚くなってしまい申し訳ないです(後半2枚はiPhoneSE)。どういうことかと言うと、v3付属のプレートは前後に位置がズラせるので期待してたのですが、LA-EA3と同時使用ができませんでした。理由はLA-EA3の三脚座のせいで、しばらくは高さのある旧プレートを継続使用してやり過ごします。これはもう、Sony Eマウント純正のレンズに買い換えろとのお達しですね・・・。




そんな感じで、いろいろ今年の環境変化をまとめたエントリーもそのうちにしたいと思います。




【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン キャプチャー ブラック CP-BK-3
ピークデザイン (2017-12-21)
売り上げランキング: 2,549
ツイートツイート

Older posts »