« | Top | »

2004年04月26日のひとりごと。

人質解放

今日も残業そこそこに帰宅。同じ日本人でも企業文化的に違う人たちとのお仕事になるんで、思うように進んでいない状況。なかなか全容が見えてこない状態なんで、我々が積極介入して加速する必要がありそうな感じです。

んで、日本人のお三方解放されたみたいですけど、なんともはや。『○○人が・・・』とまとめて言ってる段階で、非常に違和感を感じまくりました。親御さんは、子を殴る等して、キツク叱り、どういうことになっているかキチンと教えることが必要だと思いますね。子はいつまでも子ですよ。

が、わたくしの考えとしては、やはり米国・日本・その他の国の一旦撤退。国連で協議の後、活動を行うべきだと思いますけどね。「○○人のためにしてる」とか言われても、他の国の人がズカズカ踏み込んできたら、いい気はしないと思いますけどね。

ツイートツイート

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.