« | Top | »

2006年01月29日のひとりごと。

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者

20060129_Z01.jpg 新Zガンダムの第一部を見ました、今さら。批判を承知で、正直な感想を言わせてもらうと、悪いけど映画としてはかなりの「駄作」ですね。以前(といっても半年ぐらい前?に)BSのガンダム特集で富野由悠季さんが昔から通じて「ガンダムファンごときが騒いでもどうしようもない、一般に認められる作品を作りたい」というようなことを思ってると言うので、今度のZは映画として期待してた部分があったんですけど、これじゃ到底…。

軽くZガンダム見たことあるぐらいの人でも展開が早過ぎて厳しいんじゃないでしょうか、大体あれだけの話数を詰め込みすぎでしょ、脈絡も何もあったもんじゃない。知ってる人しかワカラナイじゃないですか。これを劇場公開してたんやと思うと、ヒドいですね、単なる総集編としてDVD販売だけで良かったんじゃないかと。ガンダム好きのためだけの映画って感じ。ホント、こんなんじゃ見なくても良かったんじゃ…。ただ、前も言いましたけど、シャアとアムロの再会シーンだけは何度見ても、鳥肌が立ちます。描き方が上手すぎる。

ツイートツイート

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.