« | Top | »

2012年10月05日のひとりごと。

i remember Jobs


一年経ったんですね。たぶん一生忘れないでしょう。


当時、個人的な感覚としては一周回ってしまっていて、神格化&ブーム化するのにヘキヘキしてたってのもあり、亡くなった日は周りの方が騒いでいました。どちらかと言うと「いつか来る日が今日来ただけ」という感覚。



でも、日を追うごとに失われたモノの大きさを実感するばかりです。たぶん、わたし達は”Jobs children”な世代なんでしょうね。「モノ作り」と言いながら、技術偏重で売り機能を求める上の世代とのギャップも、モノやサービスが提供する本質的な意味や価値を重要視する考えも。


Jobsの残した「引き算の美学」という教えを胸に、宇宙に凹みを作れるその日まで。


Think different.

ツイートツイート

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>