Home > 2月, 2012

2012年02月19日のひとりごと。

ハローグッバイ〜ソアラを手放す日〜


「ついにこの日が来たか」という気持ちです。


中学3年で浅見光彦に出会い、同時にソアラにも出会い、中〜高〜大〜と憧れ続けました。就職して労働という言葉のホントの意味を知り、ようやく手に入れることができたこの車。長年乗ってきましたが、そろそろお別れのようです。


実際、出会った当時の浅見はこれより前の20系ソアラだったし、浅見と言うよりは、この30系のラグジュアリー感とスポーティーなデザインに惚れ込んでました。社会人になり、ソアラを購入する頃には、新車のソアラはほとんどの人が買えないような価格帯の40系に移行し、30系も大きさの割には2シーターで燃費も悪く、中古で手に入れるのは難しくなかったです。当時の若者はソアラ自体を知らない人も多かったし。でも、それも追い風でした。ソアラの乗り手自体はアレな人とオジサンに2極化してるので、モノによってはヒドイ扱いを受けた車も多く存在したのですが、幸いにも良いモノに出会えました。ワリとお安く手に入れられたし9年も乗られれば御の字でしょう(まぁ、ソアラの持病は一通り経験しましたが..)。


「2人目生まれるまではソアラで..」、なんて結婚前の約束もめでたく反故となり(まだ乗れると思っていたのですが)買い替えを実際に検討し始めたのが年末年始。贅沢な悩みかもしれませんが、欲しい車が無い状態での車選びは苦しかったです。はじめは乗りたそうな車ということで探してましたが、何百万円という数字を実際に見てみると、本当に欲しくない車にこの金額を出すのか?ということで、脳内しらけムード。結局、先に予算を決めてもらって探すことになりました。


当初、近日発売のMAZDAのCX-5が候補に挙がっていた(というか、3週間ぐらい前まで第1候補)んですが、いざ価格が出てみると、欲しかったディーゼルモデルは想定よりだいぶとお高く、ガソリンモデルとの差額は今の乗り方では到底埋まらないという状況。ディーゼルに魅力を感じてたのに、ガソリンモデルを買うと、完全な妥協の産物となることに我に返り、家族会議を開きました。


結局、家族的には「4つドアがあれば良い」。自分的には「クーペに乗れないならセダン」が譲れない条件となりました。そして「条件だけで妥協した乗りたくない車は買いたくない」は共通意見。最後に価格。ということで、方針としては「子供の頃、乗りたかった車シリーズでいこう」ということになりました。


昔乗りたかった車と言っても、小〜中の話ですから、もう20年以上前。たとえ同じ名前だったとしても、形はまったく違うものになってることは分かってました。その中でも「これは」という思いにさせてくれたのが日産の”スカイライン”でした。新車はお高いので予算オーバー。中古を探しに探して自宅から2時間掛けたお店で見たスカイラインの程度が非常に良く、予算はオーバーしていたのですが交渉に応じていただき、予算+1万円で決着することができました。最近はセダンが不人気で、在庫を抱えていても捌けないという事情もあったのかもしれません。でもようやく一件落着。色だけは最後まで赤が良かったですが、無いものはしかたないので今のソアラと同じパールです。


実際の乗り換えは来月ですかね。ソアラにグッバイ。ハロー、スカイライン。


# 2012.03.03にソアラを手放しました。

ツイートツイート

2012年02月05日のひとりごと。

交通船で行く工場夜景探検ツアー


寒いですね。もう昨年ですが、こんな寒い季節に工場夜景を撮影しに行ってきました。まるでFINAL FANTASY 7の世界でした 🙂



いくつかツアーはあるみたいなんですが、行ったのは京急フェリーポート(株)が提供するこちらのツアーです。お金を払ってでも一度は行く価値があるツアーだと思います。


参加者は大半がおじいさん達でした。圧倒されるような装備の人たちで10人ぐらい。1回しか行ったことがないので傾向は分かりませんが、一昨年〜昨年はワリとブームもあったことで、3人位のカメラ女子1組と、別に1組のカップル、そして我々カメラ男子4人組という構成で、1隻の小さい船に乗り合いでした。服装は手持ちの防寒最強装備で挑んだ方が良いと思います。陸では耐えられても、海の上では容赦なく体温奪われます。できるなら、カイロを2個ぐらい貼って行ったほうが良いでしょう。風が遮られることなく吹きつけるので、冬山ぐらいに過酷です。



気になる撮影機材ですが、おじいさん達は財力にモノを言わせて、バズーカのような望遠レンズやCanonやNikonの白レンズ、しっかりした三脚を持ってきていましたが、そんなことすると確実にバカを見ます。役に立たないと思います。揺れる船上でひしめき合う参加者、熾烈な場所取り、被写体は船の航路によってドコから現れるか分かりませんので、固定位置でいるとザンネンな結果となります。逆にレンズは標準の50mmか、17〜80mmぐらいで十分です。むしろF2.8通しなど、明るさを確保できるレンズを用意したほうが良いでしょう。それが1本で十分です。くれぐれも、水しぶきが上がり立っているのもやっとな状況で、レンズ交換が自分のタイミングでできるなんて思わないように…


オススメは「手持ち夜景」モードを装備したカメラです。ソニーの「NEXシリーズ」や「α55以降」の機種。あまり訴求されておらず認知度も低いですが、はっきり言ってこの「手持ち夜景」は夜景を撮る上で最強だと思います。どれだけ揺れる船上でも、カジュアルにシャッターを押せば、6枚高速連写して美味しいところを自動で合成し、素晴らしい撮影結果が得られます。ライトな趣味なんで苦労するプロセスを楽しむより残る結果重視です。RAWが残らないとか、後から自分好みな色味に変えられないとか、本気でカメラに取り組んでる人からすれば言い出したらキリがないでしょうが、あの過酷な状況であれぐらいカジュアルに撮影できて、得られる結果がコレなら素人としてはこれだけでカメラの元が取れたと思うぐらい唯一無二に素晴らしい機能です。


来週は横浜で「CP+」だな〜と、ちょうど1年前を思い出して書いてみました 🙂



より大きな地図で 京浜フェリーボート – 工場夜景探検ツアー航路 を表示





ソニー デジタル一眼レフ α55(ズームレンズキット) SLT-A55VL
ソニー (2010-09-10)
売り上げランキング: 46030

ツイートツイート