« | Top | »

2006年07月18日のひとりごと。

ドコモ株主総会で、きらきらアフロの話が…

昨晩の「きらきらアフロ」のエンディングトークで、「ドコモの株主総会でアフロの話が出た」と言ってました。話の内容は以前放送された、鶴瓶の携帯で「秋岡」を変換しようとしたところ「秋夫か」と出たという話。

個人的にはこの話、ON AIR時も見ていて「あぁ〜」と思っていたんですが、まさかドコモの株主総会で話題に挙がるとは…。ON AIRで鶴瓶は確か「NTTの携帯!!!」と連呼してたと思うんですけど、個人的に覚えてるのは鶴瓶の手に握られてた”N506iS”。

要は、NECの携帯の漢字変換精度を責められてたってワケ。まぁね、管轄外と言えばそれまでなんですけど、さすがにかつて自分が手がけた機種を言われちゃうと”申し訳ない”気持ちでいっぱいです。

「ダウンロード辞書を登録すると精度も上がるんやけどなぁ〜」とか思いつつ、デフォルトでいろんな人名・アーティスト・横文字が登録されている他社製と比べると、当時のNEC端末(非FOMA)の変換効率は、良くない方ですよね。そもそもダウンロード辞書なんて設定してない人もいるやろうし。

わたくし的には、こういうユーザーさんの声って素直な反省ポイントなんですけど、どこまで吸い上げられるか見ものです(FOMAやとすでに漢字変換効率は改善されてるんかもしれませんが)。実作業では、わたくしは結構、提案や改善を唱える方なんですけど、やっぱり1作業者が言うのとTVというメディアを通して言うのは影響力が違うんかな。そういう意味ではアフロのあの放送は、非常に良い発言やったんかもしれませんね。

ツイートツイート

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.