« | Top | »

2006年05月14日のひとりごと。

焼肉京城@恵比寿店

20060514_ebisu.JPG 同期夫婦と京城恵比寿店に行ってきました。

今までずっと水道橋店に行ってたんですが、さすがにちょっと遠いんで、もうチョイ近いところが良いなと言ってたところ、ちょうど恵比寿店が出来たとのことだったので、恵比寿初上陸。

ついでにと行ってはアレですが、お昼に新宿の夢民(ムーミン)へ美味しいカレーを食べ(早稲田生御用達)に行ってきました。普段東京へは出ないので、新宿をいろいろ歩いてみるのは初めて。横浜とはまた段違いに「都会やなぁ〜」と思いながら、お腹を満足させて母の日のプレゼントやらを散策。紀伊国屋にも寄りましたが、本の充実ぶり(濃さ?)が半端じゃないですね。

30日でできる! OS自作入門
30日でできる! OS自作入門なんかもかなりの大人気で、ネットでは結構売り切れてたり、横浜辺りの本屋じゃ置いてなかったりするんですが、新宿紀伊国屋には平積み。さすがにお出かけ中やし、今は他の本を読みたいのが貯まってるんで買いませんでしたが、ちょっと都会が羨ましかったですね。と言っても、十分都会の恩恵を受けられるところに住んではいますが(^^;)。

んでもって、あいにくの雨の中、恵比寿ガーデンプレイスをグルッと一周してから待ち合わせて京城へ。駅から徒歩2分ぐらいで着いちゃいます。お店の外観も内装も新しいこともあり、水道橋店よりキレイ。店員も心なしか洗練されているような感じがします。今回は同期夫婦も一緒と言うことで、他の肉もいろいろ食べてみましたが、後半に頼んだチャプチェだけはいただけない。もっとコリアンで辛めな味付けを想像してたんですが、味が薄めでかなり日本のおかず?って感じでした。

でも、やっぱり「特上巻ロース」はさすが。同期夫婦も肉の甘さに驚きを隠せない様子でした。もちろん、わたくしも堪能。肉は塩とタレが選べるんですが、肉そのものの味だけを楽しみたいときは塩。総合的にはタレの方が美味しいですね。とは言っても、もちろんタレの味で誤魔化しているんじゃなく、肉の旨味(甘み)を、あくまで引き立たせるためのタレと言った感じ。ここは普通の焼肉のように、網に載せて話ながらジワジワ焼いていくって感じではなく、全ての肉があぶったぐらいで食べられるほど新鮮なんで、載せた端から見守ってスグ食べられるような感じで臨むのがBestです(^-^)。

ツイートツイート

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.