« | Top | »

2006年11月19日のひとりごと。

対面修理

で、いろいろと詳細をすっ飛ばしてましたが、ようやく落ち着いた日曜を迎えられたんで :-)。


端的に言うと、旧MacBook Pro 2.0GHzを落札しました。で、理由なんですが、まぁ年始辺りにはIntelデビューしようと思ってたのは何度か書きました。んでもって、展示機でMacBok Kuroを弄っては「どうもMacBookのツルテカ液晶が合わんなぁ」という印象をドンドン強めていきました。見た目は圧倒的に美しいんですけど、目が疲れるんですよね。仕事で一日中PCの画面と”にらめっこ”した挙げ句、帰ってきてこれは持たんなと。そんなわけで、自然と(初めから?)購入候補はMacBook Proへ。


で、新しいCore 2 DuoのMacBook ProをWebで見てたわけなんですが、なんと言いましょうか”すばらし過ぎる”んですよ。そりゃ性能や何かも当然ですが、圧倒的にexpensiveなワケですよ。最近はWebやメールぐらいにしか使えてないのに30万Overも出せるのか?、”宝の持ち腐れ”になるんじゃないか?と。と、まぁここまで来れば、困ったときのヤフオクって感じで、いつも通り物色していると、旧MacBook Proの値下がりが激しいワケですよね。ソフマップの買い取り価格なんか見ても、PowerBookG4 “15の最終モデルよりMacBook Pro “15 2.0GHzの方が5万円ぐらい安かったりするんですよ。


そんなわけで、適価でMacBook Pro “15 2.0GHzを落札、ホント良いお値段でした(^-^)。前述のMacBook Pro初期モデルの価格下落の理由というのは、もちろん「初期不良」に尽きると思います。そんなわけで保証期間が来年2月まであることをシッカリ確認し、手元に来たところで2,3日使用しつつ確認。バッテリの交換は済んでたみたいなんですが、案の定チーチー音がしましたんで、今朝の銀座ということになった次第です。


夜の12:00を回れば、次の日のGenius Barを予約できるんで、一寝入りしてから3時頃に起きて予約。が、情けないことに寝坊してしまい、直前に朝から2つ目の予約に変更。予約を20分だけ遅らせて銀座を訪れました。Genius Barでの確認は非常に速く済み、診断結果はやはり”LogicBoard交換”。が、ここからがちょっと予想外でした。


以前、PowerBook G4 Tiを秋葉原のQuickGarageに持ち込んだときは、その場で対面修理(LogicBoard交換)までしてくれたんですが、Genius Barではしてくれないんですよね。ProCareカード購入すれば、優先的に対応してそれでも「今日の21時には出来上がる」ってことを言われたんで、「じゃ、修理して自宅に送って下さい」ということでお願いしちゃいました。ホント拍子抜け。


QuickGarageの対面修理って、もう最近の機種ではしてくれないんでしたっけ?あの神の手のような分解・換装は見てるだけで感心します。QuickGarageのパソコン延長保証の方が、AppleCareより安いですしね。Appleの一極集中の煽りですかね、残念です。

ツイートツイート

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.