« | Top | »

2006年11月19日のひとりごと。

今さらですが…

macbook-pro.jpg 個人的にPowerBook G4 “15最終モデル→MacBook Pro “15 2.0GHzへ変更したんで、違いをつらつらと…。


ま、見た目は閉じてたらパッと見、どっちがどっちがわかりません。奥さんには「同じやん」と突っ込まれました。が、厚みが確実に薄くなってるんで、持つと「薄っ」って感じです。PowerBook G4は比べると”ズングリ”してたなぁ〜と。また、その薄さからホントはほとんど同じ重さのはずなのに、体が勘違いして「軽?」とも感じます。大きさは横に広がってますが、大した違いは感じません、トラックパッドの横方向への広がりも特に意識せず。それよりも液晶が若干縦方向に短くなってるんですが、これが予想以上に”狭くなったな”と違いを感じました。


中身的には、PowerBook G4は1.67GHz/1.5GB/80GB(UltraATA 4200rpm)で、MacBook Proは2.0GHz/1.0GB/100GB(SerialATA 5400rpm)。「メモリは2.0GB積んだ方が〜」と言われるかと思いますが、WebやMailぐらいでは困ることは無く、それよりもG4→Intel Core Duo化によるスピードアップに驚きました。何と言うか「WindowsマシンでWebブラウズしてるよう」です(–;)。あと、HDDの高速化の恩恵も受けてると思います。Web以外の操作感もより(MacOS 9のような)キビキビ感がアップしました。が、ある程度予想してたとは言え、Rosettaでのアプリケーション(PhotoShop Elements 2.0)起動の遅さには閉口しました。これは起動してる間、他の作業するってことでしのぐことにしました。にしても、Rosettaのやってることを考えると、ホント驚異的。Leopardではまた速度改善されるらしいし、頭が下がります。


ホント、初期不良のチーチー音さえなければ(発熱はある程度想定してた範囲内だったんで)と思いますが、それも含めて”面倒見切れる”と判断したからこそ”敢えての旧MacBook Pro”なワケで、それ以外の不具合も保証期間が終わる2月までには全て洗い出せると思ってます。非常に失礼ですが、次のマシン(MacBook Pro 3.0GHz)を見据えての”つなぎ”として購入したワリには、相当良い・使えるマシンとなってくれそうです:-)。

ツイートツイート

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.