« | Top | »

2006年07月14日のひとりごと。

アメリオ

最近また、PC業界がAppleに学べることというジョブズ賛美の記事が掲載されてましたが、成功者にスポットが当たるのは致し方ないことかもしれません。

わたくしがMacを使い始めたのはCEOがマイケル・スピンドラーの頃。Appleの株価が低迷するたび「Appleがどこに売られるか」という話ばかりでした。が、その頃はまだCEOが誰だろうと「スゴイ遠いアメリカという国の話」という感じの捉え方で、良い感じでまだ海外の情報に距離感が残る時代でした。主な情報源も雑誌でしたしね。

程なく、そんな情報源である雑誌の一つで読んだのが、AppleのCEOが「再建屋」と呼ばれるギル・アメリオに変わったという記事。正直、ピンと来ませんでしたが、「再建屋」の異名から受けたのは「まるでマンガか映画のキャラやなぁ〜」。

で、アメリオの印象としては、かなり素直に努力されてたと思います。その辺は、こちらのコラムでも取り上げられている通り。ただ、やっぱり華がなかったですよね、残念ながら。そんでもって、Windowsの勢いがスゴイもんやから、どれだけ真面目な対策したところで、比較するとやっぱり凋落してる印象が拭えなかった。

そんなことしてるうちに、ジョブズが舞い戻ってきて最初の記事のような感じになっちゃうんですけど、アメリオのしたことは決して間違ってなかったと思うし、ないがしろにできないと思います。ましてや、あの状況で踏ん張ってたアメリオに対して今更「最初からジョブズに任せてたら・・・」なんて、軽々しく口にするのはホントお門違い。

ただ、今 冷静になって振り返ると「ホントよく残ってたなぁ〜」のひとこと。んでもって、ワケもわからず何故かAppleのMacが気に入って、今まで使い続けられる幸運に、運命というか、何かそういう得体の知れない力も感じてしまいます。でも、今 皆がApple製品を使えるのは、紛れもなくあの瞬間、アメリオが踏ん張ってくれたおかげもあると思います。

ツイートツイート

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.